--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 05. 20  
京都市内のマイナーな神社めぐりをしようと足腰にご利益があるという護王神社の後、映画「陰陽師」で一躍有名になった安倍晴明が祀られている晴明神社まで足を伸ばした。
小さな神社であるが、さすがに参拝客は護王神社よりはるかに多く、修学旅行の班行動の中学生もいくつか訪れていた。

05196.jpg

05197.jpg

比較的歩いても行ける距離であったのでバスを使わずに歩いたが、前日ほどではないにせよ気温も高くなってきているため、上着は着ていられないほどである。
昼になる前に行きたいところがあったのでバスと地下鉄で京都駅に戻ることにした。
京都といえば一番人気のラーメン屋さんということで、「新福菜館本店」へ行った。
まだ昼前だったが、すでに少し行列が出来ていた。
この店は、新横浜の「ラーメン博物館」にも出店しているが、ここが元の店である。
思ったよりも小さくて古い店構えである。
かなり儲かっているはず?と思われるが昔からのたたずまいのままのようである。
二階のフロアもあるようだが、一人客だったためか、一階のテーブルで相席となる。
チャーシューメンを注文する。
それほど待つことなくすぐに品物が出てくるのは回転の速い店のよいところである。
真っ黒な色をした醤油ラーメンがこの店の特徴だが、見た目ほど塩辛くはない。
しかし、中太麺がうっすらとスープに染まるほどの濃さである。
麺の上に九条ねぎがたっぷりと乗っている。
チャーシューは、薄切りではあるが柔らかくこれでもかというくらいに乗っていてボリュームたっぷりである。
前に座っている地元の人と思われる二人連れの男性客は、いちいちラーメンの寸評を口にしながら食べている。
私の方が少し遅くに食べ始めたが、一人黙々と食べているためいち早く店を出ることになった。

ラーメンは、麺が延びないうちに一気に食べるべし!

05198.jpg

05199.jpg
スポンサーサイト
2013. 05. 06  
連休はどこも混むので出かけないつもりでいたが、知人が原宿の貸しギャラリーで作品展をやるので見に行ってきた。
案の定、連休中の原宿は立錐の余地もないほどの混雑ぶりである。
原宿のような人混みの場所は慣れていないせいか、歩道が人で埋まっていて歩けないのはかなりのストレスになる。




ギャラリーを出たあとは昼食でもと、考えたがとても無理だと判断。
ぶらぶらと原宿駅に向かう途中にキャンディーショップがあった。
実演販売に黒山の人だかりでなんだろうと覗き込んでみた。
何のことはない、金太郎飴の現代版かと思い、よく見ると細くて小さな飴の断面は色々なキャラクターであることがわかりびっくりした。
キティちゃんやちびまる子ちゃんのキャラクターたちの金太郎飴だったのだ。
あまりの珍しさに思わず購入してしまった。(525円税込)

キャンディー・ショップ 「SHOW TIME}
showtime.jpg

接写で撮影のため大きさがわかりにくいが、不ぞろいではあるものの断面は8ミリ程度で感動的である!
tibimaruko.jpg

ちびまるこ、花輪くん、たまちゃん、丸尾くん、じいさん、そして野口さん
どうしてこんなに精巧に作れてしまうのか?本当に不思議である。

結局、原宿での昼食はあきらめ山手線で新大久保へ。
ここはいわずと知れたコリアンショップが密集している街である。
やはり、昼食は焼肉かということでコラムさんに入ることにした。
「15種の葉で包む焼肉のランチセット」1500円は、ボリュームもありなかなかよかった。
しかし、混んでいるのは原宿も新大久保も全く同じであった。

koramu1.jpg


2012. 01. 17  
日曜日に菅平高原に行ってきた。
実に5年ぶりのスキーなので、滑ることができるのか不安だった。
しかし、普段から、走ったり歩いたりしているためか腿がまったくバテないのはふだんから鍛えているからだろうと我ながら感心した。
以前だったら、長い斜面を一本降りただけで腿がパンパンになってしまったが、今回連続三本降りても大丈夫だった。
長いリフトではないが、乗っている間に冷え込む。
リフトで上がったところから見える北アルプスは素晴らしかった。
菅平高原は、北海道に近い寒さの土地であると現地の人からお聞きしたが、確かに寒さは厳しい。
東京に戻るまでに東部湯の丸SA、上里SAと二回ほど休憩を取ったが、温度差がはっきりと違うことを感じた。
東京が寒いといっても菅平ほどではないと少しは我慢が出来そうである。

DSC03260.jpg

つらら



2012. 01. 15  
先日、ロング散歩の途中でどんど焼きの準備の画像を紹介したが、平井川では、今日15日の早朝行われた。きれいに積み上げられた木々の中に正月のお飾りを入れて焼くのだ。おき火になったところでそれぞれが餅を焼く。燃え残った炭は、わら縄で結び自宅に持ち帰り、無病息災としてのお守りとなるのだ。いつになってもこうした地域の風習は残したいところである。

どんど焼き





2011. 10. 26  
いつもと同じように5時に起床し、メールのチェックやブログの修正作業をひと通りやり終えたあと、何気なくヤフーニュースの見出しを見て気がついた。
作家 北 杜夫氏が昨日24日に亡くなられた。
北氏は、近代短歌の斎藤茂吉の次男で長男も精神科の医者である斎藤茂太氏である。
若い時にはどくとるマンボウシリーズなど文庫本でよく読んだものである。
このシリーズの中では、松本の旧制高校時代の氏の体験に基づいた「どくとるマンボウ青春記」がユーモアにあふれた作品で、私がもっとも好きな一冊である。
もう一度ぜひ読み返してみたい。
最近、昭和の時代を生きた作家、俳優などの人物の訃報が続いてなんとも寂しい感じである。
  合掌
プロフィール

akirunori

Author:akirunori
ランニングとイタグレらんの話題のブログを始めて6年になる。いろんな失敗をしながらも少しずつでも成長していければよいと思う。健康に気をつけて元気にやって行きたい。

akirunoriカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いくつになったの
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。